おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム
おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム おんぶ抱っこ紐 デニム

おんぶ抱っこ紐 デニム

  • 送料無料
  • 日本製
36,850 (税込)
数量
カートにいれる

他のカラーを見る


□ 基本情報
機能:対面抱っこ
サイズ:フリーサイズ/男女兼用
本体重量:680g
素材:
表ー 綿100%
裏ーポリエステル100%

□ 帆布生地について
「日本紡績協会」にも認定されている日本国内で製造された高品質な綿を100%使用しています。 ヨットの帆や、テントにも採用されるほど丈夫な帆布生地です。強度・耐久性・通気性に優れており、 使うたびに身体になじみます。

SIZE

使用期間とサイズについて

男女兼用のフリーサイズでお作りしておりますが、ウエストベルトは55cm~120cmで対応可能です。

REASONS

赤ちゃんに安心して使える7つの理由
-目次-

-REASON 1-

汗っかきの赤ちゃんが蒸れて暑くならないように
内側は全面メッシュ生地にしています

代謝活動が活発で体温の高い赤ちゃん。汗をどんどん出して熱を逃がそうとします。
赤ちゃんの余分な熱を逃がしてあげられるよう、抱っこ紐の内側はメッシュ生地を使いました。

通気性以外にも、汗をしっかり吸い、さらに速乾性もあるので、汗をかいてもベタつかず、ずっと座っていてもさらっとした、 肌に気持ち良い環境を保つことができます。

また、赤ちゃんとママの身体が直接密着していると、お互い汗をかいて、服がびっしょり。 当店の抱っこ紐は、赤ちゃんとママの密着部分にメッシュ生地(インナーメッシュ)をかませることでお互いが汗で濡れないようにしました。

さらに、抱っこ紐の前にポケットをつけていますので、保冷剤を入れると冷んやり涼しくなります。

-REASON 2-

赤ちゃんが楽に座っていられるように
内側には綿(わた)と
クッションを入れています

赤ちゃんのお尻と膝下には綿(わた)とクッションを入れました。さらに、赤ちゃんの股関節や足に負担がないか、 赤ちゃんや産前産後のママの主に骨と関節の働きや形状の変化の予防や治療を専門にされている 「あわ整形外科クリニック」院長阿波先生にも当店のおんぶ抱っこ紐を確認していただきました。

抱っこなど赤ちゃんを抱きかかえる際の赤ちゃんの足の開き具合は股関節の成長にとって非常に大事です。 適切ではない肢位(足の姿勢)を続けたり、赤ちゃんが不愉快な無理な姿勢を続けてしまうと将来成長した時の股関節の状態に悪い影響を及ぼすことがあります。

キューズベリーの抱っこ紐は赤ちゃんに無理なく足を開いた状態で抱っこの姿勢を取れるため母子共に安心して使える設計になっていると思います。

-REASON 3-

ぐずぐず沢山動いた時も、抱っこからおんぶにする時も安全第一
360度赤ちゃんをホールドします

抱っこひも安全協議会が調査した結果、70%のママが赤ちゃんの落下しそうになった経験があります。

「ヒヤリハット」体験 第1位は 抱っこひもからの「落下」 参照元:抱っこひも安全協議会「2018年度抱っこひもの安全な使用に関する調査」https://dakkohimo.jp/news/

※ヒヤリハット=重大な事故には至らなかったが、なっていた可能性のある体験

そのため、当店ではできる限り落下防止ができるよう、赤ちゃんの脇下にもガードをつけることで、360度ホールドします

他にも、安全対策として、前空きジッパーの上にボタンをつけ、万が一ファスナーが外れてしまっても、 ボタンが止まっていることで落下を防止します。(その反対も同じことが言えます) ファスナーとボタンの2重で落下防止対策をしています。さらに、赤ちゃんの入る深さを深くすることで落下しにくくしています。

抱っこひも安全協議会の調査を元に、抱っこ紐本体にでき限りの対策はしていますが、必ず以下のことをお守りください。

・ママがかがむ時など、赤ちゃんの様子を見て、必ず手を添えてください。
・赤ちゃんを抱っこ紐に入れたり出す時は、必ずしゃがんで低姿勢で行ってください。
・常に赤ちゃんの様子を確認し、必要に応じて手を添えてください。

*その他、ご使用上の注意点は商品発送時に同梱いたします。

-REASON 4-

ぐっすり眠った時の、仰け反り防止のために
ヘッドカバーで頭をしっかり支えます

赤ちゃんがぐっすり寝るとママの身体とは反対方向に、重たい頭は後ろにだらんと倒れ、上半身があおむけになるぐらい反り返ります。

「赤ちゃんが寝てしまえば、抱っこ紐から降ろせばいい」

状況が許せばもちろん可能です。しかし、「抱っこ紐から降ろせば泣いて起きる」「外出先だと降ろせない」場合もあります。そんな時はヘッドカバーが大活躍!仰け反りそうになる赤ちゃんの頭をしっかり支えることができます。ママだってずっと手で頭をさ支える必要がないので楽です。

さらに、暑い日の日よけ、夏場のスーパーや病院での冷房対策、寝かしつけの際に暗い環境を作ったり、寝かしつけながらお洗濯、洗い物など家事をする時にも大活躍します。

-REASON 5-

ママが転倒して赤ちゃんが怪我をしないように
全てのテープはゴムバンドでまとめることができます

テープがだらんと落ちていると、ドアに挟まったり、踏んでしまったり大変危険です。ママも赤ちゃんも怪我をしかねません。

また、転倒以外にも、
お客様の中には育児の気分転換に我が子とモールに行ってみたら、赤ちゃんはグズグズ、焦ってトイレに行ったら、トイレの中にまとめ忘れたテープをぽしゃんと落としてしまい、泣きそうになりながら手洗場で洗った。
なんてエピソードもあります。辛い時は辛くなる出来事が重なってしまう・・・。

ゴムバンドは、赤ちゃんとママを危険から守り、さらにママの心が辛くなりすぎる前に止めてくれます。

知っておいていただきたいこと
ママからパパに抱っこ紐を渡す時は、体格に差があるので、例えば腰ベルトを調整し直すとテープの長さが変わります。そのため、ゴムバンドを留め直す必要がございます。少し面倒な作業かもしれませんが、赤ちゃんの安全のためにも、必ず留めてください。

-REASON 6-

ママに安心して自信を持って使ってもらえるように
第三者機関にて21項目の安全検査をしました

第三者機関「一般財団法人ボーケン品質評価機構」にて抱っこ紐の肩紐、腰ベルト、縫製など21項目の安全検査を行いました。 試験の結果、当店の抱っこ紐は赤ちゃんと装着するママにとって、安心してお使いいただける抱っこ紐であることが分かりました。

21項目の安全検査の詳細を見る

-REASON 7-

抱っこひも安全協議会に参加し、安全性の研究をし
商品開発に生かしています

抱っこひも安全協議会では、産前産後の専門家である医師や専門家の皆さんにお越しいただき、勉強に取り組んでいます。また、全国のママにアンケートを実施し、実際に抱っこ紐を使った時にどんなヒヤリハットがあったのかを調査。当店ではその結果を元に、抱っこ紐の開発に生かし、さらに赤ちゃんもママも安心して安全に使っていただけるよう、啓発を行っています。

抱っこ紐の安全な使い方はこちら

Invention

ママの子育てを助ける7つの工夫
-目次-

-Invention 1-

せっかく寝たのに抱っこ紐脱ぐとぎゃん泣き!!
前空きジッパーで、わざわざ抱っこ紐を脱ぐ必要はありません

ママがわざわざ抱っこ紐を脱がずとも、前のジッパーを下せば簡単に赤ちゃんを出すことができます。「せっかく寝てくれたのに抱っこ紐を脱いじゃうとまた泣く!!」そんなママのこころの負担を少しでも軽くします。

冬にコートを着ていても、病院で先生に診てもらう時も、スーパーから大荷物で帰って来て疲れた時も、抱っこ紐を脱がずに赤ちゃんを降ろしてしまいましょう。日常的に赤ちゃんの出し入れが簡単だとママの気持ちが楽になります。

前空きジッパーの使い方動画
「起こさず寝かしつけ」

前空きジッパーの使い方
「赤ちゃんを簡単に取り出す」

-Invention 2-

肩腰痛くて、赤ちゃん抱っこするの辛くてめげる・・・。
北アルプスの登山家・ロッククライマーであるリュック職人が3000回以上登山した経験から選んだ肩腰のクッションを採用

赤ちゃんの抱っこは毎日ずっと。さらに、スーパーに行ったり、お出かけしたりすると、赤ちゃん用、上の子用、自分用の荷物を持つとさらに辛い。

抱っこ紐の開発をする際、開発者兼代表の黄瀬が2000種類の中から手でで触って、何度もサンプルを作って、我が子で試しました。しかし、納得のいくクッションには巡り会えず・・・。

そんな時!ご縁あって、北アルプスなど3000回以上登山やロッククライミングをし、特殊な山の環境にも耐える登山専用リュックをご自身で開発する方にお会いすることができました!(ご本人希望のためお名前を伏せています)

肩には肩に適しているクッションを。
腰には腰に適しているクッションを。

ご自身が背負われる荷物は最大40kg!その重量を背負っても耐えられる上質なクッションです。ボツになったサンプルは数知れず、自作されたリュックを背負って、難易度の高い山に登り、試行錯誤してこられました。 太鼓判をいただいたクッションで実際に抱っこ紐のサンプルを作り、黄瀬自身、奥さん、知人皆さんから大好評。 さらに、第三者機関の「一般財団法人ボーケン品質評価機構」では肩紐に350N(約35kg)、腰ベルトに219N(約22kg)の力を加えましたが、破損することはありませんでした。

さらに、腰ベルトのバックルは、ママの腰にあたって食い込まないように腰ベルトのクッションをバックルの下まで延長しています。

肩紐も腰ベルトもママに触れる内側は、メッシュの生地をあてています。ママも暑くて蒸れないように、考えました。

-Invention 3-

パパにも抱っこしてほしいのに!!
男性が自ら着けたくなる、そんなデザインです

デザインはシンプルでカジュアルで男性が着けても違和感がないように考えました。当店の実店舗にご来店されたご夫婦で、旦那さんがまるで自分の服を選ぶように、楽しみながら抱っこ紐を何着も着けて比べて、鏡の前で試着を楽しまれていました。

育児グッズと言えば女性ターゲットのデザインが多く、育児に参加したくても、男性が着けるとちょっと恥ずかしい気持ちになります。「子供のことに恥ずかしいも何もない!」と少し怒られそうですが、 積極的に育児に参加してほしいママの気持ちも、パパの気持ちも両方叶えるために、機能性を追求することは絶対に大事ですが、合わせて、かっこよさの追求もしています。

ふたりが幸せであることが何よりです!

-Invention 4-

赤ちゃん連れは荷物が多い!出かける前から気疲れ・・・
小さく畳んで運こびましょう

赤ちゃん連れはとにかく荷物が多い!
気疲れするし、一歩勇気が出ない。

当店の抱っこ紐は、くるんっと畳んで、腰ベルトでバックルを締めると横30cm×縦15cmで小さく畳むことができます。抱っこをしないときは、いつものバッグに入れてしまいましょう。

-畳み方-

01.抱っこひもを平らに置き、裏面を向けます。肩ひもを、横向きに寝かせるようにたたみます。
02.胴体部分を上からクルクルと巻きます。
03.横に出ている腰ベルトを内側にたたみ、バックルをとめます。
04.完成です。

また、抱っこから子供を降ろして、短時間で抱っこが必要になりそうな場合は、ママがずっと着けていても邪魔にならず、見た目もファッションの一部としてお楽しみいただけます。

-Invention 5-

パパは仕事!わたししかいない!片手取られるのは致命的!
ぐっすり寝た時は、ヘッドカバーをつけると両手が空きますよ

育児中のママにとって、子供を片手で支えて、もう片方の手だけしか使えないのは非常に致命的。トイレに行く時も、服を畳む時も、料理するときも、いつも以上に時間がかかってしまいます。

赤ちゃんが起きている時は必要ないけれど、ぐっすり寝た時は、どうしても頭を支える必要があります。そんな時、ヘッドカバーをつけると両手が空きます。

上の子と手をつなぎたい
パパと手をつなぎたい

ママの希望を叶えてくれます。

-Invention 6-

赤ちゃんぐずぐず!上の子大泣き!簡単に装着!
余計な装飾や、難しいパーツは一切ありません

もちろん、練習していただく必要はありますが、慣れれば3秒ほどで装着することができるようになります。3way /4wayなど、新生児も使うことができ、横抱きにもなり、赤ちゃんの顔をママと反対側に向けるなど、多機能にすることは可能です。しかし、その分、マジックテープやバックルの数が増えます。新生児〜幼児期(首すわりまで約4ヶ月)を卒業すれば、残りの2年は新生児の機能はいりません。(新生児専用を開発予定)使い方を変える度に、説明書とにらめっこするのは、忙しいママの負担が多くなります。

独自で聞き取り調査、サンプル製作、使用など試行錯誤の結果、たくさん機能があっても「おんぶと抱っこのみ」を使用する人多いため、 当店の抱っこ紐は、おんぶと対面抱っこに特化することにしました。余分なパーツを付けないことで見た目もすっきりします。

-Invention 7-

化粧だって、おしゃれだってしたいのに・・・
抱っこ紐だけ着けたら、おしゃれに見える。そんなデザインです

気がつけば1日が終わっている。
鏡だって最近ずっと見ていない。
それなのに、保育園のママ共に毎日会うし、上の子の保護者会に参加は必須。

そんなママの1日を想像しながら、デザインを考えました。

抱っこ紐を着けるだけで、おしゃれそうに見える。
それが、安心するし、なんだかうれしい。

シンプルで、
どんな服装にも合って、
独身時代に着ていたお気に入りの服にも合ってしまう。

当店の抱っこ紐は使う度に風合いのでる生地を使っています。
すっぴんなんて、なんのその!帽子被って、Tシャツ、デニム、スニーカー、抱っこ紐!これだけで、ファッションもばっちりきまります。

designer

どんな人が抱っこ紐を作ってるの?
準備中

大正13年創業。紡績、反物、婦人服のメーカーを経て、現在は育児雑貨専門店「キューズベリー」として妊婦さんや産後のママが使う製品の、企画開発、デザイン、販売をしています。

先代は、育児雑貨全般に力をいれていましたが、わたしの代になり、妻と4人の子供を育てていく中で、抱っこ紐の開発に集中するようになりました。

「パパが育児参加できる時間、少しでもママがリラックスできる時間をつくりたい」

どうしても、奥さんの方が子供と接する時間は多くなります。

「わたしの方がいっぱいやってる!」
「俺だって家族のために働いてる!」

きっと、どこの家庭でもよくある喧嘩のフレーズ。わたしが皆さんのお役に立てるのは、機能性は当たり前に重要なことですが、デザイン性の高い抱っこ紐を作ること。パパが自ら使いたくなるデザイン、パパのお気に入りの洋服にハマるデザイン。

ママからすれば、「子育てに好きも嫌いもない!」という声も聞こえてきそうですが、でも、男性って意外と、そんなきっかけがあれば、自然と育児に参加しやすくなります。

当店の抱っこ紐は、わたし自身が1から設計し、ミシンでサンプルを縫い、奥さん、友人、知人、出産育児に関わる専門家に試していただき何度も修正を重ねています。(製品は職人さんが縫製)要望に合わせてmm単位で修正し、縫製して何度も試行錯誤します。

学生の頃、服飾専門学校で1からアパレル製品を作ることを学び、さらにイギリスでパリコレクション、 ロンドンコレクションなど数々のショーに出ていたデザイナー REEMさんのアトリエで、コレクションに出す服の製作をしていました。

「俺が抱っこしとくから、リフレッシュしてきたら?」

たとえ5分でも10分でも、ママが育児から離れてリラックスできる時間を作ってあげることができたなら、わたしの抱っこ紐開発は大成功です。

パパが楽しそうに抱っこしてくれていたら、ママだってうれしい。
ママの笑顔を見るとパパだってうれしい。夫婦良好ばんざい!!

そのために、わたしに何ができるのか、日々考えながら抱っこ紐開発に取り組んでいます。

代表取締役/開発者 黄瀬正徳

HOW TO USE

-使い方動画-

HOW TO CARE

-抱っこ紐のお手入れ方法 -

・軽い汚れの場合は、湿らせた布でたたいて落としてください。
・本体を洗濯の場合は液温30℃を限度とし、弱い手洗いをしてください。
・手洗い後、弱い力で絞り、製品の形を整えてから日陰で吊り干しをしてください。
・ヘッドカバーのみネットに入れてお洗いいただけます。
・よだれや夏場の汗(酸性)で多く濡れた場合は、部分的に小まめに手洗いしてください。酸性の影響で変色する場合があります。

お手入れに関しての注意事項は4つあります
”最鮑泙箏峺剤入りの洗剤は肌あれ・湿疹などの原因となりますので使用しないで下さい。
他の物とは別に洗濯してください。色落ちや移染のおそれがあります。
K楝里蓮∪濯機、脱水機、乾燥機を使用しないでください。バックルやファスナーなどの破損につながるおそれがあります。
だ睫製餔奮阿料択における破損修理は不可となっております。

SUPPORT

-保証とアフターサービス-

到着後7日以内であれば返品交換可能

「実際に届いてみないと使い心地は分からない!」
そんな方のために、商品がご自宅に到着後、7日以内であれば返品交換が可能です。

詳しくはこちら

万が一修理が必要な場合、対応いたします

保証期間中(購入より1年)に部品の欠品、不良加工など当店の責任によるもの、取り扱い説明書が注意書きに従った正常な状態で故障した場合には、弊社保証規定に基づき無償にて対応します。

さらに、会員登録していただくと保証期間が2年になります。

詳しくはこちら