1. 残暑にオススメレシピ集

栄養士ママからのアドバイス 残暑にオススメレシピ集

栄養士で2児の母のとみいです。北海道出身の私は、30度こえると、動きが遅くなってしまいます(苦笑)みなさんは、お元気でしょうか?

前回、夏ばてに効くおすすめの食材&かんたんアレンジを書きました。

⇒夏ばてにオススメ!食材とかんたんアイデア

今回はレシピをまとめたいと思います!前回のおさらいから・・・オススメ食材を見てみましょう!

前回の復習

夏の日本は「湿度が高く暑い」ので

・むくみやすい
・胃腸が弱りやすい
・お腹が冷えやすい
・冷えているのにむくみが起こりやすい

だから・・・
【余分な水分を取り除く食事をする】
ということをお話しました。

オススメ食材を見てみましょう!

1.スパイス・ハーブ・薬味

具体的には、ねぎ・しょうが・しそ・梅・八角・シナモン・みかんの皮(陳皮)・ローズマリー・バジルなど。

胃腸の働きを高めて、消化を助けてくれます。

2.瓜・豆・穀類

具体的には、緑豆・小豆・黒豆・ハトムギ・トウモロコシ・冬瓜・なす・スイカ・きゅうりなど。

体にたまった熱や水分を取り除く効果があります。

3.発酵食品

具体的には、納豆・甘酒・塩こうじ・味噌・ぬか漬けなど。

とくに腸を整えます。伝統食材なので、身体に合う人が多いのも特徴。

覚えておきたいレシピ1「発酵調味料」

私のオススメは、発酵調味料。

・つくり方が分からない。
・使い方が分からない
・おいしくないのは困る

と、悩み事があると思います。
誰でもはじめてのものは不安ですよね。

そんなときは「塩麹」という商品名で売っている商品を利用しましょう。はじめて使う人には、オススメです。

が・・・、
手作りするほうが圧倒的に安いです。

ということで・・・簡単につくっちゃいます!

材料と作り方

●材料
生麹   200g→ほぐしておく
塩    70g
水    250g

消毒した瓶(ここはしっかり行います。消毒し忘れるとかびる原因になるからです)

●作り方 
瓶に全部入れて、やさしく振る。毎日最低1回、気が向いたら振る。麹がやわらなくなりましたら、出来上がり時です。

---

約1週間で完成です。あたたかい時期だと、3~4日で完成します。ねっ、簡単(笑)

気が向いたら振るだけなので、1日4〜5回ふるときもありますが、最低1回振るようにしています。お子さんと一緒に、「気が向いたら、ママに教えてね♪」と伝えておくと、教えてくれます。

目につくとこに置いといて、気がついたら振る。

完成した1週間後からは、冷蔵庫で保存します☆6ヶ月ほど保つようですが、日頃料理に使っていると、6ヶ月経つ前になくなるのでわかりません。しかも安くできあがるので、お得です。

発酵調味料の使い方

【塩麹・レシピ】と検索するとたくさん出てきますが、

私のオススメは豚ロース肉を焼くときに、1枚に付き小さじ1/2弱のせること。それだけで味に深みが出て、料理上手になっちゃいます。

それ以外に、カレーの塩の代わりに足したり、キャベツやきゅうりに和えて浅漬けにしたり・・・お塩の代わりに使えます。

とりあえず、ここからチャレンジしてみて下さいね。

覚えておきたいレシピ2「かんたんないろいろ編」

・冷奴にネギや生姜をたっぷり
・もやしを選ぶ時は緑豆もやしを選ぶ
・はと麦茶を飲む
・トウモロコシを積極的に食べる

覚えておきたいレシピ3「ちょっとがんばる編」

長いもの梅肉和え

●材料
長いも  食べたいだけ
梅干し  1粒
めんつゆ 適量

●作り方
1.長芋の皮をむいて1cm×3cmの薄切り(拍子切り)にします。

2.梅干し1粒の種をとり、包丁でこまかく切ります。

3.切った長芋と刻んだ梅を和えます。味が足りない場合はめんつゆで味をととのえます。

分量は適当・・・
長芋も食べたいだけ切って下さいね。

茄子の味噌炒め

●材料
なす    2本 → 一口大に切る
こんにゃく 1枚 → 一口大に切る
生姜    1片 → みじん切りにする

味噌
ごま油

●作り方
1.なすとこんにゃくは一口大に切っておきます。こんにゃくと茄子は同じ大きさを目安にしましょう。

2.フライパンに油とみじん切りにした生姜を入れて、生姜の香りが出てくるまでじっくり温めます。

3.ジュウジュウ音が鳴り始めたら、そこに、なすとこんにゃくを入れて揚げ焼きにしていきます。なすに少し焦げ目がついたら、蓋をしてそのまま蒸して仕上げます。 (そうすると、なすの水分が出てきます)

4.その水分に味噌を入れて、味噌を溶かします。

5.最後に仕上げでごま油を入れたら完成です。

ひき肉を入れてもおいしくできますよ。

いかがでしたか?

簡単なレシピをご紹介しました!

食事は、お薬ではないので、急激に変わることはありません。しかし、がんばった分だけ、身体は応えてくれます。

髪の毛の質が変わる人もいるでしょう。
太りにくくなった人や
薬を飲まなくても元気になった人など
少しずつですが変わっていきます。

その時期にあった食材を組み合わせ、体質に合わせて食べていれば、必ずよい方向に変わっていきますよ。

暑さの疲れを取り除いて、免疫力や抵抗力の強い身体をつくっていきましょう!

おさんぽ日和 代表 とみいせいこ
元栄養士、調理師。食べるのもつくるのも大好きです。

パン教室をしていましたが、娘のグルテン過敏症の発覚を機に、グルテンフリー&アレルギー対応お料理教室にリニューアル。大人から子どもまで対応のお料理教室をしたり、セミナーをしたりしています。

いろんな食の知識を動員し、働くママやパパでも、日常使いやすい栄養の知識を発信中。「みんな楽しく、みんな笑顔に…」がコンセプト!
おさんぽ日和

everyones diary ほっと一息 みんなのダイアリー

CATEGORY

  • キューズベリーのものづくりの背景や、商品開発者の想い、職人さんのこだわりや人柄をご紹介します。
  • キューズベリーとつながってくださった、こだわりある方々をご紹介いたします。
  • いらなくなった生地や端材などを生かして。親子のコミュニケーションにもぴったりな、リノベーション術をご紹介します。
  • 暮らしをやさしく、楽しくする、新たな工夫や視点をご紹介します。

FOLLOW US

新着記事のお知らせや、
記事のこぼれ話などをご紹介!

メルマガ登録はこちら