1. ベビーケア用品で使ってよかった便利グッズ♪

先輩ママの体験談 ベビーケア用品で使ってよかった便利グッズ♪

2歳と1歳を子育て中、そして7月に第3子を出産予定のせいこです。最初の子どもが産まれたときに、色々な育児グッズがあって、何が便利で何がいいのか、雑誌をみてもネットで調べてみてもどれを選んだらいいのかわからない・・・そして、意外とお値段も高い…。

短い期間しか使わないものなのに高額なものはちょっと…という考えも、葛藤としてありました。

ベビーケア用品で使ってよかった便利グッズ♪

新生児の赤ちゃんから使えるツメのケア用品

顔にツメで傷を作ってしまい、慌てて爪切りで切ってみたものの、切った角がまた顔に傷を作ってしまうほどの“超”が付くほどの不器用な私。

電動のものを最初に購入をして何度か試してみたのですが、寝ているときにも使えるほどの静音設計と書かれていたのに、寝ているときには使えないよねぇ・・・という、音の大きさ(涙)

そして、アタッチメントも近所のお店では取扱いをされていなかったり・・・ネットで取り寄せると意外と金額も高い・・・ということで、別な方法はないかなぁと、探していたときに見つけた商品が、"赤ちゃんのつめきり用やすり!"。

使い方が背面に丁寧に書かれおり、赤ちゃんに対して刃物をあてるわけではないので動いても安心。寝ているだけの頃は、赤ちゃん用のつめきりでも怖くなかったのですが、ハイハイをする頃になると、赤ちゃん用つめきりだとイヤイヤ!!と、動き回ってしまい何度も怖い思いもしました。

でも、テレビを見せている間に、手をニギニギして遊んでいるような延長で、つめやすりを使うと嫌がられることもなく手のケアをすることができました。

そして何より気に入ったのは、どこへ持っていくにもとても小さい上に軽いので、里帰りなどのちょっとした旅行の時にも持ち歩きに便利です。

また、気づいた時にケアが出来るようにポーチの中に1つ入れるようにしていました。

1歳半から2歳位になると、段々わかってきてくれたのか、赤ちゃん用つめきりでも嫌がらなくなりましたが、どうしても爪の角が残ってしまったときは最後に丸くなるように、つめやすりを使っています。

赤ちゃんの肌を保湿するケア用品

市販されている赤ちゃんの保湿ケア用品の中ではにおいもないので使いやすく、2歳のマコには未だに使っています。

冬の寒い日などは、お出かけ前に乾燥しやすいお顔や手など露出している部分をメインに塗ってあげています。手のひらで温めると柔らかくなって塗りやすく、顔を触れられているのが心地よいのか、マコもマオも幸せそうな顔をしてくれます。

また、赤ちゃんのヨダレがまだ多い時は、アゴの周辺が赤くなったりするのでこまめに塗ってあげることでヨダレかぶれを予防や酷くなるのも防ぐことができますよ。(オムツの蒸れで股のあたりが赤くなってしまったときも使っていました。)

また、常日ごろ水仕事の多いママの手荒れ予防にもなるのでオススメです♪

赤ちゃんの手口や身の回りのケア用品

私は、ムーミンのキャラクターが好きなのでシルコットを愛用していますが、ノンアルコールのウエットテッシュはとても重宝しています。

詰め替え用のウエットテッシュに取り外しのきく蓋(ビタットなど)を付けて持ち歩き、手や口が汚れたらサッと取り出してキレイにしてあげることができます。また、外出先でのテーブルなどの汚れが気になったときにも使えるので重宝しています。

自宅も同じように利用することが出来るので、食べこぼしの多い時期に油などで汚れたテーブルも子どもたちの手口も一気にキレイにすることが出来るので家事も楽チンに済ませることが出来ています。

風邪気味の時に家庭でのケア用品

病院に行くほどではないけれど・・・。あるいは、風邪の流行っている時期に無理に病院へ連れて行きたくないなぁ・・・。でも、鼻水・鼻づまりで苦しそう・・・。というときは、ヴィックスヴェボラップを胸に塗ってあげています。

また、咳がキツク苦しそうなときも胸と背中の両方に塗ってあげると楽になるようなので、処方されたお薬と併用して使ってあげるととても効果がありますよ。

2歳になるマコは、ちょっとでも鼻が詰まると「スースーするやつを塗って!」といってお願いされる程マコにとっても必需品になっています。

※ただ、ヴィックスヴェボラップは生後6ヶ月未満の子どもには利用しないこと。と、注意書きが書かれているので使用の際はご注意くださいね。

お買い物失敗談

買ってしまって失敗した!と、思ったもので一番の高額なものは、バウンサーでした。

あのゆらゆらした感じで良く寝てくれるとか、ご飯の時にゆっくり食べる時間が持てる。と、書かれていたので期待をして購入をしたのにもかかわらず、マコは、拘束されるのがキライで、チャイルドシート・ベビーカー全て拒否。乗せた途端にギャン泣きのため使うことができず。

マオは、チャイルドシート・ベビーカーともに泣くことなく乗っていたので、今度こそ活用できる!と期待をしていたのに、ゆらゆら感が心地悪いらしく揺れると泣き出す始末。

そして、1歳しか違わないこともあり、マコからの攻撃があるため使うことが出来ず、現在は物置部屋の片隅でドドーンと陣とっています(涙)。

困ったときは、近くの人に相談を。

育児用品は、買ってみたものの失敗!!と思うこともたくさんありますが、それぞれに一長一短があるようなので、購入の際はじっくり検討をする必要があります。

ネット通販を見ているとレビューをみても本当にこれは正しい情報なのかな?と、疑ってしまうような書き込みを見かけることが多々ありました。

困ったことがあった時に私は、実際に使ったことがある先輩ママや支援センターの保育士さん、保健師さんに実際に相談するようにしています。

たくさんの経験から一番効果的な方法をいくつか教えてくれたりするので、自分の考えや希望にそったものを購入することが出来ると思いますよ!

せいこママ
第1子女児2歳、第2子男児1歳、そしてまさかの3人年子となる。今夏出産予定。年子で大変でしょと言われながらも、持ち前のテキトーさと、周りとの連携のお陰で毎日笑顔で過ごしています。育児に完璧を最初から求めず程よく手を抜いて、子供と楽しく過ごせるヒントになれるような記事を書いていきたいと思います。

everyones diary ほっと一息 みんなのダイアリー

CATEGORY

  • キューズベリーのものづくりの背景や、商品開発者の想い、職人さんのこだわりや人柄をご紹介します。
  • キューズベリーとつながってくださった、こだわりある方々をご紹介いたします。
  • いらなくなった生地や端材などを生かして。親子のコミュニケーションにもぴったりな、リノベーション術をご紹介します。
  • 暮らしをやさしく、楽しくする、新たな工夫や視点をご紹介します。

FOLLOW US

新着記事のお知らせや、
記事のこぼれ話などをご紹介!

メルマガ登録はこちら