1. 日本で抱っこ紐を作るたった1つの理由

ブログ 日本で抱っこ紐を作るたった1つの理由

こんにちは! 開発担当の黄瀬です。

最近、気圧の影響で耳がボワーンとなる日がつづいています。耳抜き?がうまくできなくてボワーンにいつも悩まされています。

あくびをする。飴をなめる。鼻をかむ→軽く息を吸い込み、鼻をつまみ、口を閉じて吸い込んだ息を耳の方へ送り込む。。。Goole先生に尋ねてみても全く治らず。。。
何かいい方法があればメールお待ちしてます。

では本題へ。

『言葉』が通じる抱っこひもづくり

日本で抱っこ紐を作る理由はたった1つ。

【 言葉が通じるから 】

育った文化が同じで言葉が通じると感情の奥深いところまで理解し合える。理解しあった人間同志で物作りをすると最高に良いものができる。僕はそう考えます。

今現在、キューズベリー抱っこ紐工場は岡山県、倉敷市、児島にあります。
20歳の頃から毎週通い、どーや、こーや、あーや、こーや、縫製やさん、加工やさんと夜遅くまで話合い、次の日には試作品を作る。の繰り返し。

生地の質感はこれとこれで実験しよう! 
糸番手はこの組み合わせで試してみようよ〜。
形あと5mm削りましょか〜! 
お客さんのアドバイスで本体の幅をあと0cm減らしましょ。
股関節が開き過ぎてしまってるみたい。本体の幅をあと0cm減らそう。
見た目がボテッとしてるからもうちょっとシュットしたラインで。

最後に手に取るのはお客さん

物作りが大好きな仲間と一緒にずーっと頑張れる。
お客様から頂いた貴重なアドバイスを形にできる。
使ってもらって喜びのお手紙届く(下記一部抜粋。)

風薫る5月となり、わが子も1歳を迎えることができました。
キューズベリー様の抱っこひもと出会ってから、身につけなかった日はおそらく3日も無いようにおもいます。本当に、本当にありがとうございます。
( Mさん 女性 )
いつもステキな商品ありがとうございます。
抱っこひもお送りします。
パワーアップして、もどってくるのをたのしみにまってます(^-^)
( Yさん 女性 )
この度は、丁寧な対応、感謝の気持ちでいっぱいです。
愛情たっぷりのおんぶだっこ紐のおかげで、安心して息子を育てることができます。
これからも温かいアイテム楽しみにしています。
( Hさん 女性 )

最後に

頂いた手紙は大切に保管しています。
ママ、パパから頂いた貴重なアドバイスを未来のママ、パパに届けられるよう日々努力します。
もっとこんな抱っこひもだったら嬉しいなー!こんな色があれば嬉しいなー!
沢山のアドバイスをお問い合わせフォームよりお待ちしております。

本日もみなさんにとって素敵な1日であられますように。

この記事を書いた人

代表取締役 商品開発責任者 抱っこひもソムリエ 黄瀬正徳 PROFILE
この記事をシェア

everyones diary ほっと一息 みんなのダイアリー

CATEGORY

  • キューズベリーのものづくりの背景や、商品開発者の想い、職人さんのこだわりや人柄をご紹介します。
  • キューズベリーとつながってくださった、こだわりある方々をご紹介いたします。
  • いらなくなった生地や端材などを生かして。親子のコミュニケーションにもぴったりな、リノベーション術をご紹介します。
  • 暮らしをやさしく、楽しくする、新たな工夫や視点をご紹介します。

FOLLOW US

新着記事のお知らせや、
記事のこぼれ話などをご紹介!

メルマガ登録はこちら