1. ママが風邪を引いちゃうと、どうなるの?

ブログ ママが風邪を引いちゃうと、どうなるの?

おはようございます!
育児経験0、子供0、未婚の今西です。

ここ3日ほど、数年ぶりに熱を出してしまい、ダウンしてしまっておりました…。

朝方や昼間など太陽の出ている時間帯は少し回復するのですが、日が暮れるとまたもや38°。
これってほんと何なんでしょうね(笑)

結果ただの風邪だったのですが、熱が出てくると頭がぼーっとしてきて思考が停止します。
そんな感じで思考停止しながらも、一つの疑問が浮かび上がってきました。

それは、育児中に「ママが風邪を引いちゃうと、どうなるの?」です。

一緒にいると赤ちゃんに移してしまうかもしれないし、
だからといってもママが生きれない赤ちゃんには必要不可欠です。

今回も調べてみました♪

1、頑張りすぎないこと

一番に上がってくるのはこちらのようです。
「私がやらないと」という責任感は少し置き、ほどよく甘え、力を抜くこと。

逆に無理して頑張りすぎてしまうと悪化してしまう恐れがあります。その方が大変です。

夕食はスーパーのお惣菜で済ませたり、子どもと遊ぶのにDVDを使ったり、そういった小さなことで大丈夫なんです。

寝かしつけは、パパでも抱っこひもをつけて揺れてあげるだけで眠りについちゃうことがあるので、簡易なものがあれば便利です。

肩の力を抜いて頑張りすぎないこと。

簡易抱っこひもはこちら

2、まずは病院に行くこと

パパや自分のご両親が預かってもらえるようであれば預かってもらい、悪化する前にできるだけ早く対応しておきましょう。

また、うちうちで赤ちゃんを預かってもらえる環境がない場合は「一時預かり事業 / ファミリーサポート / ベビーシッター」などといったいったサービスもございます。
※詳しくはお住いの地域の役所などでご確認ください。

中には登録が必要なものもあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

早期治療が大切です。

また、あとは栄養をしっかり摂り、しっかり休むこと。
これに尽きます。

【一時預かり事業】
母親(保護者)の病気の他、出産や習い事、育児疲れなどの理由で育児が困難な時に、一時的に子供を預ける事ができるサービスです。

【ファミリーサポート】
各区市町村が運営している、一時的に子供を預ける事ができる育児支援サービスです。
一時預かり事業と違う点は、代理してくれる人が同じ地域に住む一般の方だということ。

【ベビーシッター】
自宅へ来ていただき、赤ちゃんのお世話をしていただくサービスのこと。

3、乳腺炎ではないか確認すること

特に授乳中あるあるで
風邪と症状が似ているので間違ってしまうことがあるんんです。

おっぱいに痛みやしこりがあったら、まず乳腺炎を疑いましょう。

最後に

以上になります。
いかがでしたでしょうか?

赤ちゃんがいると自分のことが2の次、3の次になってしまいがちですが、「ママの身体自身を大事にすること」は育児においてとっても大事なことかもしれませんね。

・頑張りすぎないこと

・まずは病院に行くこと

・乳腺炎ではないか確認すること

この記事を書いた人

WEBプロデューサー スタイリスト 今西空 PROFILE
この記事をシェア

everyones diary ほっと一息 みんなのダイアリー

CATEGORY

  • キューズベリーのものづくりの背景や、商品開発者の想い、職人さんのこだわりや人柄をご紹介します。
  • キューズベリーとつながってくださった、こだわりある方々をご紹介いたします。
  • いらなくなった生地や端材などを生かして。親子のコミュニケーションにもぴったりな、リノベーション術をご紹介します。
  • 暮らしをやさしく、楽しくする、新たな工夫や視点をご紹介します。

FOLLOW US

新着記事のお知らせや、
記事のこぼれ話などをご紹介!

メルマガ登録はこちら