1. 【保存版】母子手帳ケース選びに失敗しない! 注意すべき4つのポイント。

母子手帳ケースについて 【保存版】母子手帳ケース選びに失敗しない!
注意すべき4つのポイント

こんにちは!育児雑貨専門店キューズベリーのスタッフ、そらです。

よく調べずに人気ランキングやオシャレなデザインから母子手帳ケースを選んでしまうと、どんどん書類やカードが増えていき、使い勝手が悪くなり、買い換えるママも、中にはいるそう。

今回はそんな失敗を防ぐため、母子手帳ケース購入前に知っておきたい4つのポイントをお伝えいたします!

<目次>
はじめに:そもそも母子手帳ケースとは?
①妊娠中と産後にもらうものリストを知っておこう
②何を入れるか想像しよう
③母子手帳ケースのタイプを知ろう
④母子手帳ケースの素材、耐久性を知ろう

はじめに:そもそも母子手帳ケースとは?

その名の通り、母子手帳を収納するためのケースです。持ち運ぶ際の、汚れや折れを防ぐことが可能です。また、他にも、保険証/診察券/受診手帳/お薬手帳なども入れておける、とっても便利なアイテム。

定期検診の時や、緊急時に病院へ行く時にも、ケース1つを持っていくだけなので「あれ?あの診察券はどこにやったっけ…?」など、出発前にあたふたすることも少なくなります。

①妊娠中と産後にもらうものリストを知っておこう

妊娠中と産後に管理するものは、変わってきます。そこで、どんなものを貰って、管理しないといけないのか、それはどれぐらいのサイズなのかを把握しておくことが、大切です。

住む地域によって、もらうものやサイズは異なりますが、ざっくりリストにまとめてみました!

  • ●妊娠中
    ▼母子手帳ケースに入れて常に持ち歩いているもの
    (外出先で具合が悪くなった時でも、すぐに病院へ行けるように)
    保険証 / 診察券 / 母子手帳 / 大阪市妊婦健康診査受診手帳 / お薬手帳 / お守り

    ▼母子手帳ケースにいっとき入るもの
    ・産院からの書類や診察の領収書
    (帰宅後、取り出して別ファイルに移動)
    ・産院へ提出する書類

    ▼貰ったけど他で保管してるもの
    ・予防接種手帳(赤ちゃん生まれてから使うから)
    ・母親学級テキスト(母親教室がある時だけ使うから)

    ※大阪市の妊婦さんを例にしています
  • ●産後
    ▼母子手帳ケースに入れて常に持ち歩いているもの
    (外出先で具合が悪くなった時でも、すぐに病院へ行けるように)
    母子手帳 / 保険証 / 各種診察券 / 子ども医療証

    ▼母子手帳ケースにいっとき入るもの
    ・予防接種申込書
    ・予防接種手帳
    ・病院へ提出する書類

    ▼貰ったけど他で保管してるもの
    ・病院からもらった冊子や書類
    (もらった際は一旦母子手帳ケースに入れる)

    ※大阪市のママさんを例にしています

②母子手帳ケースに何を入れるかをある程度想像する

初めて母子手帳ケースを購入タイミングは、ほとんどが妊娠中。母子手帳が入ればいっか!では、使い始めてからだんだん増えるカードや書類の泣かされる羽目に…。3人のママにアンケートをとり、どんなふうに母子手帳ケースを使用しているか聞いてみました♪

  • ●パターン1「必要最低限タイプ」
    荷物が多いのが好きではないので、妊娠中は、最低限必要な母子手帳や保険証、診察券、必要なものを最小限入れておきました。

    検診のときには、検診のときに必要な冊子や書類を都度母子手帳ケースにいれてお出かけ。

    産院からもらう冊子・書類・エコー写真類は、帰ってきたら別のファイルに入れて、家で書類を保管しました。
       
    産後も、同じように管理するつもりなので、シンプルですっきりした構造の母子手帳ケースを選びました。
  • ●パターン2「全部入れておきたいタイプ」
    妊娠中、何度もある検診。財布と母子手帳ケースの出し入れがすごく手間でした!

    なので、妊娠中は、母子手帳・カード類・ペンの他、お札・小銭・クレジットカードもひとつにまとめていました。病院からもらう書類も、入れっぱなしです。

    産後は、母子手帳・カード類・乳幼児医療受診票・お薬手帳の他、予防接種が何度もあるので、予防接種の予診票・お札・小銭・クレジットカードも入れられるものをチョイス。

    なので、とにかく大容量の母子手帳ケースを選びました!
  • ●パターン3「兄妹分をまとめたいタイプ」
    子供が2人目なので全部が2倍になります!

    でも、母子手帳・カード類・乳幼児医療受診票・お薬手帳などは一緒にまとめておきたかったので、収納ポケットが多い、ジャバラタイプのケースを購入し、右と左で子供の収納を分けました!

その他、母子手帳と診察券以外に主に何を入れているかのアンケートをとっているサイトがあるので、こちらをご参考になさってください♪

アンケート一覧へはこちら

③母子手帳ケースのタイプを知る

母子手帳ケースの形にも種類がいろいろあります。
タイプ別でのそれぞれのメリット・デメリットをご紹介。

  • ●ブックタイプ
    ★メリット
    ・コンパクトで軽く、荷物になりにくい。
    ・見開きになっているので、開いたらどこに何が入っているか分かりやすい。

    ★デメリット
    ・子供を抱っこしながら、急いで病院に連れていき、カバンの中から片手で母子手帳ケースを出すが、開閉が難しくて手間どる。

    ・基本的には子ども一人に必要な分が入るので、二人目の時には中身がパンパンに。
  • ●ジャバラタイプ
    ★メリット
    ・急いでいる時も、片手で簡単に開閉や出し入れできる。
    ・収納スペースが多いので二人の子供がいる場合、使い方によっては二人分を入れ同時受診も可能。

    ★デメリット
    ・ブックタイプよりは少しマチがあるので、かさばってしまうことも。
  • ●がま口タイプ
    ★メリット
    ・急いでいる時も片手で簡単に「パチン」と開閉できる。
    ・どのタイプより一番コンパクト。

    ★デメリット
    ・容量がブックタイプやジャバラタイプより、圧倒的に少ない。
    ・ブックタイプやジャバラタイプよりは、整理しづらい。
  • ●ファイルタイプ
    ★メリット
    ・どのタイプより一番整理ができ中身が見やすい。
    ・値段も高くないので、二~三人目は一人一冊揃えて管理もできる。

    ★デメリット
    ・超実用的ではあるが、デザインが気になる人は合わないかも。

④母子手帳ケースの 素材、耐久性は重要

母子手帳ケースに使用される素材は、主に3つ。耐久性も買う時に考えておくとベストです。

お手入れによりますが、コットン素材やナイロン素材は、何十年と使っていると、糸がホズレたり、汚れが目立ってきます。

個人的な意見としては…革素材で長く使える母子手帳ケースが、一番お得かなと考えています。デザインもシンプルなものが多く、流行に左右されません。傷や汚れも「革の表情」として残るので、神経質に汚れを気にする必要もありません。

また、母子手帳ケースだけとして使うのではなく、母子手帳ケースを卒業した後にはお財布にしたり、通帳やパスポート入れにしたり…。

また何十年、母子手帳を保管できる物としても、耐久性があります。そしたら、子供が成人になった時に「私、昔この予防接種受けた?」との質問にも的確に答えることができますよね!

たっぷり収納できるもの・使い勝手が良いもの・多少乱暴に扱っても(笑)長持ちするもの・デザインが気に入っている…など、母子手帳ケースを選ぶポイントは、ママそれぞれです。

  • ●コットン素材
    コットンは、肌触りがとてもやわらかく優しいですが、時間が経つと縮みやすく、摩擦によって毛羽立ちやすい素材。
  • ●ナイロン素材
    ナイロンは、基本的にしわになりにくい素材です。あとは、伸び縮みしたり、形がくずれすることも少ないというポイントも。そして、薬品や油、海水にも強い素材。心強い。ただ、染色しやすいという弱点も。
  • ●革素材
    革は丈夫で、時間が経つと自分の手の油などで自分色になる、「育てる」という過程が楽しめる素材。弱点として、水に弱いですが、コーティング次第で水にも強くすることが可能に。

最後に

いかがでしたか?
お気に入りの母子手帳ケースが見つかると、育児がとても楽しくなります。母子手帳ケース選びのお役にたてると、うれしいです♪

この記事を書いた人

WEBプロデューサー スタイリスト 今西空 PROFILE
この記事をシェア

everyones diary ほっと一息 みんなのダイアリー

CATEGORY

  • キューズベリーのものづくりの背景や、商品開発者の想い、職人さんのこだわりや人柄をご紹介します。
  • キューズベリーとつながってくださった、こだわりある方々をご紹介いたします。
  • いらなくなった生地や端材などを生かして。親子のコミュニケーションにもぴったりな、リノベーション術をご紹介します。
  • 暮らしをやさしく、楽しくする、新たな工夫や視点をご紹介します。

FOLLOW US

新着記事のお知らせや、
記事のこぼれ話などをご紹介!

メルマガ登録はこちら