1. ちょうど良い使いやすさ。フロントポケットのある抱っこひも

抱っこひもについて ちょうど良い使いやすさ。
フロントポケットのある抱っこひも
-おんぶ抱っこひも インナーメッシュ

おんぶ抱っこひもインナーメッシュの一番の特徴であるファスナーの両サイドには、縦長のポケットがついています。これが意外と便利!と、先輩ママ・パパに大好評なんです♪先輩ママ・パパの、ポケットの使い方をご紹介!

よく使う小物入れとして

ポケットの大きさは縦13.4cm×横8.9cm。ちょうど手のひらサイズハンカチ ティッシュ コインケース カードケースなど、使用頻度の高い小物類をこのポケットにいれておくと、さっと取り出しが可能です。

夏の暑い日には

夏になると、フロントのポケットに保冷剤を入れるママも。暑くなりやすい抱っこひもの中。赤ちゃんの背中をひんやり冷やします。ふき用のタオルもいれておけば、お顔や首の汗をさっと拭いてあげられます。
※保冷剤はガーゼなどでくるんで、溶けた水が抱っこひもにしみないようガードするのがおすすめです。

最後に

いかがでしたか?
前開きファスナーだからこそ設置できた、2つのポケット。ぜひ、便利にお役立てくださいませ!

お客さまから寄せられた声

出し入れしやすく、赤ちゃんも居心地良さそう。体温の上がる昼間に使うときはポケットに保冷剤を入れれて便利。普段は小さな財布と携帯を入れて歩いてます。赤ちゃんを降ろして、少し下に体を向けるといつもするりと携帯が落ちてしまうのが難点。ポケットに蓋かチャックが付いて入ればよりよかつたかな、と思います。 (ユーザーさま)

ご紹介したアイテムはこちら おんぶ抱っこひも インナーメッシュ

RELATED THINGS

関連する読み物

  • Photographs  of  ”おんぶ抱っこひも-アースグレー・グリーン”
    Photographs of ”おんぶ抱っこひも-アースグレー・グリーン”
    お気に入りの洋服のように、抱っこひもが、お気に入りになりますように。素材やデザイン、細部へのこだわりを、写真でご紹介します。
  • キューズベリーが"日本製"にこだわる理由
    キューズベリーが"日本製"にこだわる理由
    徹底的に、日本製であることにこだわるキューズベリーのおんぶ抱っこひも。海外で安く、多くつくるよりも「日本の職人さんの手づくり」を貫いた背景には、深い理由がありました。
  • 前開きだから、もう抱っこに"もたつかない"! -おんぶ抱っこひも インナーメッシュ
    前開きだから、もう抱っこに"もたつかない"! -おんぶ抱っこひも インナーメッシュ
    たくさんのママ・パパから大好評の、“おんぶ抱っこひも インナーメッシュ”。一番の特徴は、赤ちゃんのお尻まで下がる"前開きファスナー"です。今回は、そんな前開きファスナーの便利な使い方を動画でご紹介します!
  • 小柄ママから大柄パパまで、ぴったりフィットのおんぶ抱っこひも
    小柄ママから大柄パパまで、ぴったりフィットのおんぶ抱っこひも
    日本の小柄ママの悩みのひとつ「抱っこひもが大きくてあわない!」。よく見る海外ブランドの抱っこひもは、やっぱり体の大きい海外基準。そんな方におすすめなおんぶ抱っこひも インナーメッシュについて、サイズをくわしくご紹介します!
  • デリケートな乳腺を守るための工夫 -おんぶ抱っこひも インナーメッシュ
    デリケートな乳腺を守るための工夫 -おんぶ抱っこひも インナーメッシュ
    抱っこひもの肩ベルトで乳腺を締め付けてしまうことで、乳腺炎の原因になってしまう恐れがあるんです。ママにとってストレスになるもの、取り除きたい。そんな思いで工夫した、おんぶ抱っこひもインナーメッシュの秘密をお話します。
  • パパも思わずつけたくなる!こだわりデザインのおんぶ抱っこひも
    パパも思わずつけたくなる!こだわりデザインのおんぶ抱っこひも
    パパからも大好評の“おんぶ抱っこひも インナーメッシュ”。機能性だけではなく、とことんこだわった素材感とデザインについて、ご紹介します。

everyones diary ほっと一息 みんなのダイアリー

CATEGORY

  • キューズベリーのものづくりの背景や、商品開発者の想い、職人さんのこだわりや人柄をご紹介します。
  • キューズベリーとつながってくださった、こだわりある方々をご紹介いたします。
  • いらなくなった生地や端材などを生かして。親子のコミュニケーションにもぴったりな、リノベーション術をご紹介します。
  • 暮らしをやさしく、楽しくする、新たな工夫や視点をご紹介します。

FOLLOW US

新着記事のお知らせや、
記事のこぼれ話などをご紹介!

メルマガ登録はこちら