ジュエリー職人さんのアトリエ訪問

ちいさなジュエリーに、誕生石と刻印を施すキューズベリーのベビーリングたち。
おどろくほど繊細な技術の数々を経て、1点1点、すべて手作業で生まれます。
それらはすべて、大切な記念日にふさわしい仕上がり。
実際にどのような工程なのか、ジュエリー職人さんのアトリエを訪ねてみました。

ベビーリングの作成工程

喜びあふれるストーリーを 思い浮かべながら

まず最初の工程は、デザイン。
様々なストーリーを膨らませながら、線のやわらかな鉛筆で、まるで絵をかくようにイメージを描き出します。

すべての始まり、 ワックスモデルの整形

硬いシルバーで原型を作る前に、形を整えやすいワックスでモデルを作ります。
デザイン画を元に下絵をつけ、カットを施していきます。
それは、0.1mm単位の作業。
身長180cmを超える大柄な岡さんが背中を丸め、指先を精密機械のように正確に動かしワックスを削っていきます。

カットを終えると、やすりで形を整えていきます。
机の前にずらりと並んだ何十もの形のやすりから、長年の経験を綱に、最適なやすりを選びます。

ワックスからシルバーに。工程は鋳造へ

やすりを終えた原型を鋳造工場へ送り、シルバーの原型を作ります。
鋳造工場から届いたシルバーを取り出し、最後の仕上げとしてやすりをかけます。
ここで、ジュエリーの形が見え始めます。

世界でひとつになる瞬間 2mm単位の刻印作業

刻印は、キューズベリーのジュエリーに命が吹きこまれる瞬間です。
ここで、世界にたったひとつの特別なジュエリーが生まれます。
「刻印を入れる過程は、ギュッと刻印を押すだけの一瞬の作業ではないんです。」
岡さんは、滑らかな曲線が美しいスプーンの柄の部分を凝視します。
その幅、たったの2mm。僅かなスペースに0.8mmの文字をしっかりと刻印していきます。

誕生石をはめ込み、完成

最後に、誕生石の埋めこみです。
それぞれに想いのこめられた誕生石。
丁寧にゆっくりと、誕生石をアクセントとしてはめこみます。
驚くほど細かい作業が繰り広げられます。
紙の上に描かれたひとつのデザインは、こうして、世界にたったひとつの宝物になりました。

手に取った方の 喜ばれる顔を想像しながら

小さな空間の中で、大きな愛情と情熱を注がれて、ひとつひとつ作られているキューズベリーのベビースプーンとベビーリング。
「ひとつひとつ、お客さまの喜ばれる顔を想像しながら作らせてもらっています」と、岡さん。

キューズベリーは、赤ちゃんへの初めてのプレゼントとして、このベビースプーン、ベビーリングをご紹介できることを、心から誇りに思います。
岡さんといっしょに、ひとつひとつのジュエリーを作らせていただき、心をこめて、みなさまのお手元にお届けしたいと考えています。

キューズベリーのベビースプーン、ベビーリングが、みなさまの笑顔と喜びのきっかけになりますように。
そして、永遠に大切な、宝物になりますように…。

AND MORE
もっと知りたい方はこちらへ