1. 布ナプキンの洗い方

こだわり手帖 布ナプキンの洗い方

布ナプビギナーの方が一番気になるのが、ずばり「布ナプキンの洗い方」。大変そうに感じますが、実はとっても簡単なんです。一度やってみれば、「こんなに簡単なの?」となること間違いなし。ぜひチェックしてみてください!

用意するものは、基本的に2つだけ

つけ置き容器

一緒に暮らしている方がいる場合は、エチケットとしてフタつきのものがベスト。アルカリ性洗浄剤で黒く変色する恐れがあるので、アルミや木製のものは×。

洗浄剤

お掃除グッズとしてもよく耳にする「セスキ炭酸ソーダ」などの、アルカリ性の重曹をお選びください(薬局や100円ショップなどで購入可能)。キューズベリーでも、経血を落としやすい「酵素入り無添加洗浄剤」をご用意しています!

洗い方手順

  • 01手洗いで軽く経血を流す

    まずは、手洗いで布ナプキンの経血を軽いもみ洗いで流しましょう。このあとの経血の落ちやすさが変わります。経血に抵抗のある方は、ゴム手袋をつけたり、ビニール袋の中でもみ洗いをしてもOK!

  • 02つけ置き容器にぬるま湯をいれる

    布ナプキンが十分浸かるほどの量のお湯を容器にいれましょう。お湯があつすぎると、経血のたんぱく質が凝固して落ちにくくなるので×。40℃を越えない程度のぬるま湯がベストです。

  • 03ぬるま湯に洗浄剤をいれる

    1リットルに対して、10gほどのアルカリ性の重曹をいれ、水に溶かします。アルカリはたんぱく質を溶かすので、手荒れしやすい方はゴム手袋などで保護を。お好みで、エッセンシャルオイルを1滴たらしても。
    ●オイルをご使用になる際は、各オイルの諸注意をよくお読みください。

  • 04ぬるま湯に布ナプキンをいれる

    洗浄剤を溶かしたぬるま湯に、軽くもみ洗いをした布ナプキンをいれましょう。その後3時間~半日ほどつけ置きます。落ちにくいなと感じた場合はお湯を新しくして、洗浄剤を多めにいれてみてください!つけ置きの水は毎日新しくしてくださいね。

  • 05洗濯機or手洗いで仕上げ洗い

    軽くすすぎ、洗濯石鹸や洗剤で仕上げ洗いをしましょう。洗濯機で仕上げをする際は、生地を守るためにネットにいれてくださいね。
    ●タンブラー乾燥や、ストーブの前などで乾かすと、生地が傷む原因となりますのでお避けください。
    ●塩素系漂白剤は、防水シートが傷むことがあるのでお避け下さい。
    ●柔軟剤のご使用は、生地本来の吸水性が劣るためにおすすめしておりません。

  • 06よくしぼって干す

    よくしぼって水気を切り、できれば天日干しでからりと乾かしましょう。紫外線には殺菌効果があるので、おすすめです!乾いていない状態だとカビの原因になりますので、しっかり乾かしてくださいね。

この記事を書いた人

WEBデザイナー 長澤夏帆 PROFILE
この記事をシェア

RELATED THINGS

関連する読み物

  • 布ナプキンのメリット/デメリット
    布ナプキンのメリット/デメリット
    「女性の体にやさしい」と、少しずつ広まっている布ナプキン。こちらでは「布ナプキンってなんだろう」と気になっている方のために、メリット・デメリットをご紹介します!
  • 布ナプキンの使い方
    布ナプキンの使い方
    「使い捨てないナプキン」の、布ナプキン。何を用意すればいいの?どうやって経血を洗うの?など、基本的な使い方をご紹介します!
  • 布ナプキンの素材と形
    布ナプキンの素材と形
    月経期間は、気分もなんだか落ち込みがち。そんな気分を晴れにしたくて、キューズベリーの布ナプキンは使い心地はもちろん、肌にやさしい素材えらびや、気分が明るくなるデザインにこだわりました。

PICK UP CONTENTS

everyones diary ほっと一息 みんなのダイアリー

CATEGORY

  • キューズベリーのものづくりの背景や、商品開発者の想い、職人さんのこだわりや人柄をご紹介します。
  • キューズベリーとつながってくださった、こだわりある方々をご紹介いたします。
  • いらなくなった生地や端材などを生かして。親子のコミュニケーションにもぴったりな、リノベーション術をご紹介します。
  • 暮らしをやさしく、楽しくする、新たな工夫や視点をご紹介します。

FOLLOW US

新着記事のお知らせや、
記事のこぼれ話などをご紹介!

メルマガ登録はこちら