1. 妥協のない物づくり

ABOUT CUSE BERRY - 01妥協のないものづくり

「育児って楽しい」と思える瞬間を世界中の家族に届けたくて。
唯一無二のデザインと、安心の日本品質を追求しています。

私たちのものづくりの主役は、いつも家族。どんなものが必要かな?とママとパパ、子どもの目線に立って考えています。育児の楽しさを実感できるデザインを生み出すこと、安心の日本製にこだわること。そんな妥協のないものづくりが、キューズベリーのお約束です。。

デザインで、育児の可能性を広げたい。

私たちがつくるのは、「家族みんなが育児を楽しいと思えるデザイン」。それは、最高に使いやすくてワクワクできる機能性と、身に着けたときにうれしくなるルックスから生まれます。

たとえば『おんぶ抱っこひも』は赤ちゃんとふれあうしあわせな時間を長く過ごせるようにと、身体への負担が少ない設計に。かっこいい色や素材感で味付けして、パパも気後れせずに使えるものに仕上げました。

「キューズベリーと出会って抱っこが好きになった」「おしゃれ心が復活した」そんなうれしい声に応えるために、できることは全部する。育児はもっともっと、よろこびと可能性に満ちたものであるべきだと思うから。

一緒につくりたいから、未完成のままで。

キューズベリーのデザインは、どれもみんな「未完成」。

なぜなら、モニターさん、ご購入のお客さま、たまたまお店を訪れた方にまで「もっとこうしてほしい」というご意見をいただいて改良し続けているからです。

使いにくいところを工夫して便利な機能を新たに詰め込めばリニューアルのたびに唯一無二、日本一のデザインと呼べる完成度に。子育てを考えるみんなが一緒になって進化させていく…。永遠に未完成のデザインは、私たちの誇りです。

日本製じゃないとダメな理由。

かけがえのない家族のふれあいを生むアイテムだから、特別な想いを込めて作りたい。デザインを製品化する作り手さんにもこの「いとしい人へのものづくり」に共感してほしくてオール日本製の道を選びました。

縫製や加工をお願いしているのは、制服やジーンズの生産で有名な岡山・児島の工房。同じ日本人、子育て経験者として「どんな人がどう使うか」を理解しながら高い技術でひとつひとつていねいに縫い上げてくれています。 「未完成」ゆえの急な変更にも「ええアイデアやね」と誠実に対応してくれたり。「こうしたほうが良うなるよ」とアドバイスしていただくことも。

キューズベリー商品のやさしい風合いと確かな品質は、作り手さんの腕前と、思いやりや気遣いから生まれているのです。

ものづくりの未来を、ママと一緒に。。

売り買いのためだけではなく、人や社会を元気にするものづくりやさまざまな活動をしていきたい。私たちはそんな夢を抱いています。

今はまだほんの一部しか実現できていないけれど、夢を持って前進していくことは、大人にこそ必要なことだと思うから。もっとたくさんの方に未来への希望もお伝えできるよう、私たちはこれからも全力をつくしていくことを誓います。

お客さま・キューズベリー・作り手が
しあわせの輪でつながっていく。
そんな夢ある未来を、
妥協のないものづくりで実現します。

LINE UP

メルマガ登録はこちら