母子手帳ケース 【キューズベリー/CUSE BERRY】 > 新米ママ、舞ちゃんの育児日記

vol.13 「妊娠後期〜胎動と語りかけ」 その2

母親学級に参加したときのこと。

「皆さん、赤ちゃんに語りかけしてますか?」との問いにほぼ全員が挙手。
(私もつられて挙げたが、実はあんまりしていなかった。←おいおい嘘つきか)

「旦那様もしてくれている人。」との問いにも 8割がたの人が挙手。
え〜、これにはびっくり。
うちの旦那さんはしていないなぁ〜。

 

というのも以前、旦那さんが帰宅したさいに
「パパでちゅよ〜。パパ帰ってきたよ〜。 ほら、ただいまって言ってあげて。」
と言うと 「えっ。(何言ってんの?)」っていう感じで若干引かれた。

照れがあったのだろうけどけっこう喜んで
「ただいまでちゅ〜」と言うタイプだと思っていたので、
私が妙に寒いことをしているような気がして、
恥ずかしくなってそれ以来やめてしまった(笑)

そっか、旦那さんもしてるんだな〜。
あそこで挫けては駄目だったか。

今でこそ、息子を激かわいがる旦那さんであるが妊婦時代はやっぱり、
自分の子がお腹にいるっていう 感覚(自覚?)は無かった気がする。

大きなお腹の私の体調等は気遣ってくれたが、
「今、動いた!」とか言ってもあんまり興味が無さそうだった。
男の人はそうなんやろうな〜。
ぴんとこないんだろうな〜。

私は、やっぱり日に日にお腹の中にいる胎児が愛しくてたまらなくなってきた。
だからお風呂タイムは二人っきり(?)なのでたっぷり語りかけをした♪
丁寧にお腹を洗いながら 今日あった出来事などを話し
「あと○日だね〜。 早く会いたいね〜。」
そして最後に必ず「こんにちは赤ちゃん」を歌った♪
それに答えてくれるかのように お風呂の中でよく動いたな〜。

一歳になった今でも お風呂は大好きだし
子守唄も好きなよう(はず??)だ。胎教効果?!

でもクラシックを聞かせたり英語を聞かせたり
本当の胎教は全然しなかったな〜。
もっとしなくちゃいけなかったらしらん??

次回は「妊娠後期 臨月とむくみ」です。