メディア掲載&プレスリリース|CUSE BERRY

『ボサノバやジャズを基調とした、まったく新しい胎教音楽 
 オリジナルCDアルバム『Happiness Days』3月25日販売スタート』

◆要約◆
ママのための手づくり育児雑貨を企画製造・販売する「キューズベリー」(運営:黄瀬商事株式会社 代表:黄瀬 正道)は、オリジナル胎教音楽CDアルバム「Happiness Days」の販売を、3月25日スタートする。日本初、新しいジャンルの胎教音楽である。
全9曲 価格3,000円(税込)
販売サイト: http://cuseberry-music.com/item/

◆本文◆
【『Happiness Days』作成の背景】

妊娠・出産・子育て応援サイトのベビカムが実施したアンケート( http://www.babycome.ne.jp/online/art/enquete/ )によると、調査対象のうち7割以上が、胎教を意識した妊婦生活を送っていたことがわかった。また、どのような胎教をおこなったかという設問については、8割以上が「音楽を聴いてリラックスした」と答えた。

このような流れを受け、ママのための手づくり育児雑貨を手がける「キューズベリー」では、2009年7月、オリジナル胎教音楽の開発をスタート。タイトル「Happiness Days(幸せ 日々)」のテーマに基づく楽曲を、イーゼル芸術工房とのタイアップにより作成した。

【『Happiness Days』の特徴】
■3点の条件が組み合わされた【日本初】のアルバム
1.ヒーリングミュージックという分野ではない
2.全楽曲が、アルバムのための書き下ろし。作曲者の自演作品である
3.アルバムそのものが、ママと赤ちゃんのための作品である

■「母親のリラックスが、赤ちゃんのリラックスにつながる」ことに着目
胎教音楽としては、クラシック音楽やオルゴール等が効果的だといわれているが、現段階で、その科学的な根拠は解明されていない。このような状況の中、キューズベリーでは「母親がリラックスすると、赤ちゃんも落ち着いた気分になる」という点に着目。

音源の随所に、リラックス効果を得られるという"ゆらぎ"を含め、心が落ち着く、どこか懐かしい音づくりを目指した。また、温もりのある、ほっこりした雰囲気を感じられるように、心地良い「ズレ」や、味わいのある表現を追求。
10,000回以上ものレコーディングを行った。