骨盤ベルト装着スケジュール…いつから?

【01妊娠初期】などをクリックで詳しい解説をご覧いただけます

妊娠初期
妊娠中期
妊娠後期
出産
スケージュル

「リラキシン」は、妊娠した途端から分泌量がグンと増えます。と同時に、骨盤は早くもユルユルグラグラにゆるみ始めます。 不安定な妊娠初期に骨盤ベルトを使って大丈夫なの? と思われるかもしれませんが、初期から骨盤を整えておくことで、 子宮がふんわり柔らかく、赤ちゃんにとって居心地のいい快適な環境に なります。つわりも骨盤のゆるみ、ゆがみが一因だということが分かってきていますから、 骨盤ベルトを装着することが苦痛でなければ、是非妊娠初期から使ってみてください。

安定期に入ります。つわりがおさまり赤ちゃんが動くのを感じるようになります。 おなかが目立ちはじめ、妊婦さんらしい体つきになってきます。 比較的体調がよくアクティブに動き回れる安定期、だけど、 それとはうらはらに、骨盤はさらにゆるんで不安定になってきます。 ちょっとした動作がきっかけで、腰痛などを引き起こしやすい状態です。 苦痛がなければ1日中、睡眠中も骨盤ベルトで締めてもらってかまいません。

おなかがせり出し、赤ちゃんが急激に成長する時期です。 さかご、切迫早産、足の付け根が痛くなる、腰や恥骨がギシギシ痛む、 むくみ、尿もれ、便秘・・・その他さまざまな不快症状が出やすい時期です。 骨盤がゆるむだけにとどまらず、あらぬ方向へゆがんだり傾いたりしないよう、 骨盤をしっかり締めましょう。 大きくなった子宮を適切な位置に支えてあげることが大切です。 そうすることで赤ちゃんは何のストレスを受けることもなく成長することができます。 苦痛がなければ1日中、睡眠中も骨盤ベルトで締めてもらってかまいません。 ベルト装着部位がムレてかゆくなったり痛くなったりする場合には ベルトの下に腹巻きをつけるなどして素肌に直接骨盤ベルトが当たらないよう工夫してみてくださいね。

少しずつ赤ちゃんが下がってきて、お母さんの骨盤腔に頭を固定させます。 赤ちゃんは誰かに教えてもらうわけでもないのに、自分で考えて お母さんの骨盤の入り口部分の形に合わせて自分の頭の向きを微妙に 変化させながら、お産のスタート地点で位置につきます。 お母さんの骨盤腔の広さは、赤ちゃんがギリギリ通過できるぐらいしかないので、 骨盤がゆがむと、出っぱった骨に赤ちゃんの頭や身体がひっかかり、 通れなくなったり、出産時の大量出血の原因になります。 ですから、妊婦生活の最終段階で骨盤がゆがんでしまわないよう、 赤ちゃんが正しいスタート地点で正しい姿勢で位置につけるよう、 臨月だからこそお母さんは骨盤を締めて、赤ちゃんのお手伝いをしてあげてください。 もちろん24時間装着でかまいません。 締めるのが苦手な場合は、外出して長時間歩くなど骨盤に負荷がかかりやすい 状況のときだけでも、装着してみましょう。

陣痛が始まっても骨盤ベルトを外す必要はありませんが、リラックスできないと 感じる場合には外してもかまいません。 赤ちゃんが誕生したら、分娩台の上ですぐに骨盤を締めてもらいましょう。 そうすることで、子宮の戻りがよくなり、出血が止まらない(弛緩出血)などのリスクが下がります。 産院によっては、分娩直後は血液で汚れてもいいように、さらしなどを利用して 骨盤を締めることもありますので、それぞれの産院の方式に従ってください。 お母さんは産後しばらくそのまま分娩台で横になって過ごしますが、 2時間ほど経ったら起き上がって最初の歩行をします。 お産によって最大限に開き、この上なくグラグラで不安定な骨盤のままで 最初の一歩を踏み出すと、その衝撃で一瞬にして骨盤はゆがんでしまいます。 ですから産後はなるべく早く、骨盤を締めましょう!

骨盤をゆるませるホルモン「リラキシン」は、まだ分泌が続いています。 しっかり骨盤を締めることで、悪露の排出が促され、子宮の戻りもよくなります。 母乳もたくさん出るようになります。 出産後はなんだか気が抜けてしまって、つい骨盤のケアをさぼりがちに なりますが、今が一番大切なときです。なるべく24時間骨盤を締めましょう! 帝王切開の傷が痛む場合には、少しゆるめにベルトを締めてもかまいません。 バックルの位置がどこにあるのが一番心地いいか、自分でいろいろやっていて、 快適な位置で装着してみてください。

左右の骨盤は交互にもとに戻っていきます。 身体は軽くなったし、「リラキシン」の分泌は止まるけど、そう簡単に 骨盤は戻ってくれるわけではありません。まだまだユルユルです。 赤ちゃんのおっぱいタイム。お母さんは猫背にならないように、 骨盤を締めて正しい姿勢で飲ませるようにしましょう。 余裕があれば、骨盤ベルトを装着した状態で腰回し運動をしてもいいですね♪

妊娠中から産後2〜3ヶ月まで、しっかり骨盤ケアを続ければ、 産後の骨盤は健康そのもの!
腰痛、尿漏れ、むくみ、冷え、肩こり、便秘など、 不快な症状がなくなれば、骨盤ベルトは卒業してもかまいません。 でも、身体のどこかに具合の悪い箇所があったり、何もつけないより骨盤ベルトを 装着していたほうが気持ちがいいと感じるのなら、その後も継続して装着して大丈夫です。 赤ちゃんとの外出で、よく腕で抱っこ(抱っこ紐不使用時の通常の抱っこ) したり、抱っこ紐を使って抱っこするお母さんは、骨盤ベルトを着用し、 「腕で抱っこ+骨盤ベルト」や「抱っこ紐+骨盤ベルト」のダブル使いで 腰痛や肩こりが軽減されます。 産後の生理が戻ってきたら、01.の要領で骨盤を締めるといいですよ。